大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さすがにダウンジャケット
昨日はたいへん寒かったので、本日はダウンジャケットを取り出した。


周三、周四とあたたかく、ちょっと歩いただけでも汗をかいていた。
ところが昨日の金曜日は寒かった。
本当に着るものの選択が難しい。
日本に居た頃のように自家用車通勤であれば、ドアツードアで多少薄着でも問題
無いが、
こちらでは意外と歩くのでそうはいかない。特に昨日のように風が強いと1ブ
ロック歩く
だけでも死にそうになる。


家に帰ると中は蒸し暑くて、Tシャツに短パンという格好。
それでも我慢できなくて窓を少しだけ開けている。
飲み物も冷蔵庫で冷やしている。


大連の冬の到来だと実感。
スポンサーサイト
seesaaが表示されない・・・
誰かまた何かやったかな・・・


これはメール投稿で更新してるけど、アフィリエイトでやってるブログの方が
Webから更新してるので、seesaaそのものが表示されないと何も できない・・・。


頼みの綱のvpnは、事務所でログインしたままなので、使えないし・・・
【漫画】信長のシェフ、というのが面白かった
いきつけの喫茶店。漫画がたくさんある。
で、本日読んだのが「信長のシェフ」という漫画。


劇画調でギャグも無いのだけれど、テーマが美食。
ググッと引き込まれる。
グルメ漫画は「クッキングパパ」「ミスター味っ子」「美味しんぼ」「将太の寿
司」あたりは読んでいる。
歴史をからめてくる(それも戦国時代)、というのは斬新だなぁ、と感じた。
毎回ちゃんとヤマ場があって、主人公は危機に遭遇するんだけれど、華麗に乗り
越える。
カタルシスがあって、無事解決。お決まりのパターンとは言え、いやだからこそ
主人公の心理描写に引き込まれる。王道ですよ、王道。


娯楽はこうでなくっちゃね。
自宅で飲酒運転
いや、ドライビング・ゲームの話。


最近、息子と一緒にハマっているのが、Need for Speed Underground 2。


スーパーカーじゃなくて、市販のスポーティーカーをフル改造して街中をかっ飛
ばすというゲーム。
私の愛車は、カローラ86レビン(なんとか豆腐というロゴは入ってません)、ス
カイライン、セリカ、ヒュンダイクーペ。
ビール飲みながら高速道路を時速200km以上で流すと爽快です。


このゲーム、2004年製ですが、ウチのグラフィックカードGeForce9400では快適
に遊べるのはXGAが限度。
もっと高解像度でヌルヌル遊びたいのですが、やっぱりもっと高性能なビデオ
カード買わないとダメみたい。


ゲーム専用のPC欲しいですね。
【ニュース記事】「まさに黒船」電子書籍化を迫るアマゾン
「まさに黒船」電子書籍化を迫るアマゾン
http://blogos.com/theme/kindle_shock/


元記事はこっち
http://news.livedoor.com/article/detail/5977004/


ライブドアのBLOGOSの記事。
これ読んで、ついに来たか!という感じ。


出版社側からすればたまったものじゃない契約条件かも知れない。
利用者からすれば、「紙の書籍よりも安いこと」「買取」は電子書籍ならば当然
のこと。
でも、今まで日本で提供されていた電子書籍は、紙の書籍と同じ価格とか、閲覧
は期限付き、とか利用者をナめているとしか思えない状況だった。(す べてが
そうとは言わないけれど)


契約条件が無茶だと思うならば、交渉するか契約そのものをやめればいいだけの話。
最悪物別れに終わっても、書籍年商600億円の大口取引先を失うだけ。


アマゾンの日本での売上高は約800億円、うち書籍は624億円、らしい。
http://neta.ywcafe.net/000514.html


これがどれぐらいの規模かというと、紀伊国屋の半分ぐらいだそうな。


大手出版社のいくつかはアマゾンと契約する方向で調整している様子。
契約内容については、日本の事情を考えれば、出版社が著作権買取、というのは
無茶で、ロイヤリティを多少安くしてでも、従来通り出版権に留めてお くのが
現実的かと。
特に漫画は世界で通用するコンテンツだから、権利関係は強気に出たほうがいい。
交渉する自信が無いのなら、専門家を間に入れればいい。貿易大国日本なのだか
ら、海外との交渉に強い専門家は当然いる。


今回のアマゾンからの話は、「日本出版会の危機」と捉えるよりも、「日本の出
版物が世界へ広がるチャンス」と捉えるべき。もっと自分たちのコンテ ンツに
自信を持とうよ。それともくだらないコンテンツなのか?


今こそ変わるチャンスだと思うんだがなぁ・・・
オンライン地図サービスから巨大地図を作成する
まぁ、タイトルどおりです。


仕事で地図の上に文字とか載せて、プレゼンテーション用の資料を作ることに
なったのですが、地図をどうやって入手するか、という問題。
市町村の役所ホームページで無料で巨大地図とかを掲載してくれているところは
ありがたいのですが、なかなかそういう便利なケースは無いわけでし て・・・。


Map Grabber
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/biz_tool/2009/04/22/23222.html


Googleマップを自動スクロールして巨大地図を作成できる、というプログラム。
時間はかかりますが結構巨大な地図を抜き取れます。
問題点は、ウチみたいに遅い回線だと、地図のロードが間に合わなくて、歯抜け
キャプチャになること。
後で修正するの大変なんだよね・・・。


オススメはコレ。
Online Screen
http://d.hatena.ne.jp/rascal2001/20100310/1268202870


仮想の巨大ディスプレイというか巨大な仮想画面を持つ特殊なブラウザ。
5000pixel × 5000pixel なんて巨大な画面でキャプチャできる。
ちなみに上の数字はJPG形式で保存できる最大のピクセル数。
これぐらいの巨大サイズになると、住宅地図レベルの細かさでキャプチャして
も、普通の市町村であれば4回ぐらいキャプチャすれば全て収まる。
で、Photoshopでも5000×5000が限界なので、Illustratorでこの巨大画像を繋ぎ
合わせて大きな地図を完成させる。
PDF化したら200MBもあるよ・・・。
スッゲェ表示の細かい巨大地図ができた。
でも、ファイルを読み込んで表示するのに、とてつもなく時間かかる・・・。
こりゃ実用的じゃないや・・・。


結局一回のスキャンで読み取れる解像度で抑えることにした。
3750 × 5000 ぐらい。
A4縦の大きさ。
あんまし表示細かくないけど仕方ないね。


なんかテクノロジーの限界を垣間見た日だった。
妻が子供グッズの店をやりたいとか言ってる
ちゃんと打算したか?と訊いた。


まぁ、してないだろうね。
なので、計算してみせた。


店の広さは? 20平米。6坪か。
家賃は? 2000元/月。
利益率は? 50%。


じゃあ、毎月の固定費から計算しよう。
家賃が2000元。
あなたの給料が3000元。
合わせて5000元の利益を出すためには利益率50%として1万元商品を売らなきゃ
ならない。
営業税は9%だっけ?
ならば1割増しで11000元の売上が必要だってことだ。
毎月11000元売り上げるってことは、30日で割ると、一日あたり367元の売上が必要。
例えば単価30元のモノならば13個売る必要があるってことだ。
それも毎日平均してだ。


老婆(ラオプー)、毎日367元以上売る自信あるかい?


毎日休み無し。従業員はキミだけだ。
病気になったりしたらどうする?


ちなみに勝利広場地下のモール街のテナントの売上は一日あたり1000元ぐらいだ
そうだ。
あそこは場所がいいからねぇ。
テナント料も高いけど。


妻友もお店始めたいとか言ってるらしい。
じゃあ、私がコンサルティングしてあげるよ。
事業計画書作って、しっかり計算してみよう。
一日の最低売上目標を出してあげるから、それが実現できるかどうか真剣に考え
てみてごらん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。